オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持

オリーブジュースカプセルはオリーブオイルのエキスをギュッと閉じ込めた健康食品です。健康成分のオレイン酸がたっぷり入っています。若々しく過ごしたいならオススメです。1日3粒。

オリーブジュースカプセルはオリーブオイルのエキスをギュッと閉じ込めた健康食品です。健康成分のオレイン酸がたっぷり入っています。若々しく過ごしたいならオススメです。1日3粒。

1日1杯オリーブオイル健康法より手軽なサプリ

1日1杯オリーブオイル健康法というスプーン1杯のオリーブオイルを飲む健康法が注目されましたが、オリーブオイルは飲みにくいです。喉にビリビリとした刺激があるからです。ビリビリ刺激は、苦み、辛み、渋みを表すオリーブオイルのテイスティング専門用語である「ペッパリー」の辛みがそうさせています。ビリビリを感じて正解ですし大事なんですよ。このビリビリ感、抗炎症作用を持つオレオカンタールという成分が、その正体。似たような仲間に抗炎症作用がある「イブプロフェン」で、風邪薬に使われています。

オリーブオイルをよく使う地中海沿岸の人は、風邪薬の代用として上質なオリーブオイルを飲んだそうです。オレオカンタールの抗炎症作用を利用したんです。日本では馴染みのない方法ですが、真似をせずに風邪薬を飲んでおきましょう。

オリーブオイルの成分を効率的に摂取したいのなら、健康食品、オリーブジュースカプセルがおすすめです。1日たった3粒を飲むだけ。悪玉コレステロールを減らす成分オレイン酸のほかに、強力な抗酸化成分ヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)が摂取できます。ヒドロキシチロソールなんて言葉、あまり耳にしたことは無いと思いますが、こんなに効果が期待できるスゴイ成分でした。

【ヒドロキシチロソールの効果】
・動脈硬化、血栓予防、悪玉コレステロールの酸化抑制
・アルツハイマー症などの脳細胞萎縮変性の病状リスク低下
・シミ、くすみ、そばかす、美白、美肌、アンチエイジング

オリーブジュースカプセル

オリーブジュースカプセルは、継続して飲んでいくことで健康診断の結果に数値として改善が現れると期待できるサプリメントです。美容効果を期待する女性は特にオススメです。

今なら1か月分(90粒)が送料無料2040円(税別)のキャンペーン中!!

オリーブジュースカプセルに入っている、オレイン酸とヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)によって、血管内に溜まった酸化した悪玉コレステロールをスッキリさせます。酸化した悪玉コレステロールが血管内に付着したままだと、血液の流れが悪くなり、何もせずに放置しておくと次第に詰まってくる可能性も。その先は想像にお任せします。だから早めにの対策が必要になりますね。

毎日続けられるオリーブオイルサプリ

オリーブオイルサプリのオリーブジュースカプセルには、オリーブオイルに70%~80%ほど含まれているオレイン酸、微量ですが超貴重なポリフェノールであるヒドロキシチロソールが豊富です。美容に効果的で栄養機能食品であり、若返りのビタミンとも言われているビタミンEが入っています。

これまでの製法だと、ヒドロキシチロソールが水分と一緒に廃棄されていたのですが、国際特許で保護された製造技術によってヒドロキシチロソールの抽出が出来るようになりました。これを配合しているところにオリーブジュースカプセルという商品の強みがあります。EFSA(エフサ)という日本のトクホのような欧州食品安全機構が、オリーブジュースカプセルに対して、「毎日5mgのヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)の摂取はLDLコレステロールの酸化を防ぐ」と表示してもよいとお墨付きを出しています。たった3粒でヒドロキシチロソールを5mg摂取できるのは、オリーブジュースカプセルだけです。これは驚異的です。

早い話、40代、50代になって、健康診断でLDL-Cつまり悪玉コレステロールの数値が悪かったり、正常範囲だけど、このままキープしたかったり、ちょっと若返りのためのサプリメントを身体に入れたいという欲求はありませんか。オリーブジュースカプセルは健康食品ですので、気軽に試せるところが良いです。健康食品だからこそ、義務感に囚われずに続ける事ができるはずです。3日坊主になりようがありません。

オリーブオイルを使った料理を習慣的に食べている地中海域の人は、循環器系の病気の罹患率が低かったという調査結果があったとか。かねてより、オリーブオイルに含まれるオレイン酸やオリーブポリフェノールのヒドロキシチロソールを摂っていたいたから、罹患率が低かったのではないか、と推測されていたのです。もともとヒドロキシチロソールは抗酸化作用が強い成分で、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルが苦いよな辛いような味がするのは、ヒドロキシチロソールの影響です。

テイスティングして、苦い辛味があれば、ヒドロキソチロソールが含まれているので、選ぶときは迷わずに。

オリーブジュースカプセル公式サイト

オリーブオイルの最高峰エキストラバージン・オリーブオイル

オリーブオイルの事を、あまり深く知る機会がありません。日本で市販されているオリーブオイルはたくさんありますが、料理に使おうと思っても、どれを選べば良いのか、全くわからない人もいると思います。少しだけオリーブオイルについて調べましたので、情報シェアしてみたいと思います。

まず国内で市販されているオリーブオイル、商品はたくさんありますが、2つに分類されます。

・エキストラバージンオリーブオイル(食用オリーブオイル)
・ビュアオリーブオイル(精製オリーブオイル)

この2つです。国際規格では9種類になりますが、ここでは割愛しますね。さて、この2種類、価格で選ぶべきか、内容量で選ぶべきか迷いますが、グレードとしては、エキストラバージンオリーブオイルが最高峰になります。しかし日本では食用オリーブオイルとされるので、厳密にはエキストラバージンオリーブオイルは存在してないことになります。国際基準と日本基準の違いによるので、日本では、本物が手に入りにくいのが現状です。

便宜上、エキストラバージンオリーブオイルと書きますが、価格がピンキリで、上を見ると手が出ない価格もありますから、用途に応じて選ぶのが最もコスパが良い方法です。

エキストラバージンオリーブオイルは、一番搾り(ビールではない)とも言われるもの。果実を絞ってろ過されているのみなので、サラダやドレッシングに向いています。加熱すると折角の風味が飛んでしまいます。加熱する料理に使いたいのならば、ピュアオリーブオイルを選びましょう。価格に惑わされず、一定の品質のものを買いたいのなら、ラベルで判断する方法があります。ラベルを見て、

・生産国
・原材料
・酸度
・オーガニック認証マーク
・コールドプレス(低温圧搾)

これらが出来るだけ表示されていると本物と見なして良いです。特に、

■DOP(原産地保護呼称)
■IGP(地域保護表示)

の表示があると、かなり厳しい検査をクリアした公的に認められたものになります。 

オレイン酸を取り入れてうるおい美肌に若返る

オリーブオイルを毎日摂取するような食生活を送っている日本人は、なかなか居ないと思います。ですが、オリーブオイルにはオレイン酸という脂肪酸が、肌にうるおいを与えてくれる等、美容に良い影響を与えるのは、女性だったら耳に入っているはずですよね。オレイン酸は脂肪酸形成が肌に似ているところから、馴染みやすく、化粧品にもよく使われています。例えばコーセーの化粧品でもオレイン酸が含まれているものがあります。

 

コーセー 潤肌精 プライム クリーム(40g) 高保湿クリーム

化粧品はたくさんあるからオレイン酸を身体に取り込みたいと言うのならば、サプリメントがあります。オリーブオイルのサプリもいろいろな商品がありますが、

・乳酸菌
・オリーブオイル(オレイン酸)
・ポリフェノール(ヒロドキソチロソール)

この美容関係でよく聞かれる栄養素を配合しているのが、オリーブジュースカプセルです。すこやか工房の商品です。なぜオリーブオイルではなくオリーブジュースなのかと言えば、原料となるオリーブオイルの中でも最高品質である、エキストラバージンオリーブオイルを使っているからです。エキストラバージンオリーブオイルは、別名「一番搾り」というだけあって、なかなか希少なものなのです。オリーブオイルのフレッシュジュースと言ってもいいでしょう。

オリーブオイルのフレッシュジュースなら、直接、飲んだ方がいいんじゃないかと思うかもしれませんが、本当に良質なオリーブオイルは、飲んだ時にノドの奥がビリビリ刺激があって、正直、美味しいとは言えません。このノド奥のビリビリの正体は、ペッパリーと呼ばれるオリーブオイル特有の専門用語で辛みを表現したものです。ペッパリーを感じられると100%本物のオリーブオイルという意味でもあります。

このピリピリ刺激はオレオカンタールと呼ばれる、抗炎症作用をもつオリーブオイルから抽出された天然有機物です。オレオカンタールは国内の風邪薬などに入っているイブプロフェンと同じ作用があると言われています。欧米では風邪をひいたらオリーブオイルをスプーン一杯飲むと言われてるほどです。

そんなエキストラバージンオリーブオイルを使った、すこやか工房のオリーブジュースカプセルは、健康食品の中でもおすすめです。


オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持 © 2018