オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持

悪玉コレステロールや血液ドロドロが気になり始める30代後半。悪玉コレステロールという言葉にも敏感になりますね。食事にも気を遣います。注目はオリーブオイルのオレイン酸。新鮮なオリーブから作った健康食品で体調維持を。

悪玉コレステロールや血液ドロドロが気になり始める30代後半。悪玉コレステロールという言葉にも敏感になりますね。食事にも気を遣います。注目はオリーブオイルのオレイン酸。新鮮なオリーブから作った健康食品で体調維持を。

悪玉コレステロールを減らす健康食品のカギはオレイン酸

悪玉コレステロールの数値を下げる成分はオレイン酸。オレイン酸なら、オリーブオイルにたっぷり入ってます。

ただ、オリーブオイルを毎日料理に使ったり、普段から目にすることもない調味料なので、オリーブオイルジュースという手段もありますが、それもなかなか渋すぎます。

いろいろ探した結果、オリーブジュースカプセルという健康食品があることを知りました。

オリーブジュースカプセル

>>>オリーブジュースカプセルを詳しく見てみる<<<

オリーブジュースカプセルの良いところ

悪玉コレステロールを減らす効果がある健康食品、オリーブジュースカプセルは、1日たった3粒を飲むだけ。悪玉コレステロールを減らす成分オレイン酸のほかに、強力な抗酸化成分ヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)が摂取できます。

オリーブジュースカプセルの形状

オリーブジュースカプセルは、継続して飲んでいくことで健康診断の結果に数値として改善が現れると期待できる健康食品です。

オリーブジュースカプセルを1か月体験してみる

今なら1か月分(90粒)が送料無料1080円(税込)

オリーブジュースカプセルに入っている、ヒドロキシチロソール(オリーブポリフェノール)は、シミ・そばかす・くすみ・美白・美肌・アンチエイジング効果もあります。

悪玉コレステロールは食事や薬で減らすのは無理

食事制限程度で悪玉コレステロールは減らすことはできない

悪玉コレステロールについての新聞記事です。


動脈硬化学会は1日の声明で「食べるのを制限しても血中の値が低下する人と、しにくい人がいて、個人差が大きい」と基準の撤廃に賛同した。
悪玉コレステロールの値が高い人はコレステロールの摂取制限が推奨されるとする一方、食事や運動、生活習慣を全体的に改善することが必要とした。
食事についても脂質だけを減らすのではなく「食物繊維を多く含む大豆製品や海藻、野菜類を増やすことが大切」と訴えた。
(2015/5/2:毎日新聞)

食事で悪玉コレステロールをコントロールするのは相当難しいようです・・・。

悪玉コレステロール改善薬も減らすメリットより副作用が心配

悪玉コレステロールを減らす治療薬スタチンは、体の一部の筋肉が溶けて腎臓に障害を引き起こす横紋筋融解症や肝機能障害などの深刻な副作用リスクの方が心配されます。

厚労省が製造販売承認した新薬は、副作用リスクは低いのですが、

・1カ月に一回注射が必要
・非常に高価である
・従来薬との併用ならば保険適用

と、かなり重症な患者向けです。これでは仕事や家事にも影響してくることでしょう。医療費の負担も大きいです。

オリーブジュースカプセルがベスト

手軽に悪玉コレステロールを減らすなら、すこやか工房のオリーブジュースカプセルがベストチョイスですね。

>>>まず1カ月分だけオリーブジュースカプセルを試してみる<<<

悪玉コレステロールを下げる成分のオレイン酸とオリーブポリフェノールを摂取して悪玉コレステロールを減らす方が無理な負担がなくていいですよ。

悪玉コレステロールが増える食品や食事の仕方

高コレステロール、動脈硬化、高血圧、高脂血症といった成人病は、すべて食事が原因というわけではありません。また、成人病を患った人、コレステロール値の高い人、全員が肥満であるわけでもありません。

ただ言えることは、かなり偏った食事、特に油っこい料理や甘い物の食べすぎで体重が過剰である、ということです。

よく耳にするのは、1日30品目の食品をとろう、というフレーズです。ハッキリ言って現実的じゃないです。だから最近は聞かれないですよね。しかも30品目を摂取しろと言いながら、腹八分目を勧めるという矛盾。そんな豊か過ぎる食事、一般的に普及するわけがありません。

メタボも基準が無くなりました。身体のサイズで決められてはたまったものではありません。助言についても大きなお世話、という話もチラホラ聞きました。メタボ改善には減量と言われますが、減量とは「脂肪」を減らすことです。これってダイエット知識の無い人にはハードル高いんです。

勘違いの良い例がありました。「肉食ダイエット」と称して、ふくよかな女性がステーキをバリバリ食べていました。運動はせずに、ただ、定期的にステーキを食べるらしいのです。自信満々で「らしき事」を言ってましたが、身体つきが説得力を無くしてしまっていることに気づいていないようでした。

本質を知らずに自己流ダイエットをすると、余計に身体に良くないですよ。ここで、減量のための6つのポイントを調べましたので、ご参考までに。

1.まとめ食い、どか食いはしない・・・食事は1日3食、規則正しくとることが大切です。
2.早食い、ながら食いはしない・・・食事はゆっくりとよくかんで食べましょう。
3.大皿盛りはしない・・・1人分ずつ小皿に分けて食卓に出すようにします。
4.間食、夜食は控える・・・10時と3時のおやつもしっかりと身体の「お肉」になります。特に夜8時以降は一切、食べるのをやめましょう。
5.インスタント食品、レトルト食品は控える・・・インスタント食品やレトルト食品は脂質や塩分を私たちが考える以上に含んでいます。楽だから・・・とこれらに頼りすぎるのは考えものです。
6.アルコールに注意・・・アルコール自体ももちろん問題ですが、お酒の肴にも注意が必要です。

誰もが知っていることでしょうが、減量の原理原則は、今も昔も変わらないのでしょう。


オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持 © 2018