オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持

国産のオリーブオイルと外国産のオリーブオイルでは、何が違うのでしょう。オリーブオイルサプリの原料は国産、外国産、どちらが上質なのでしょうか。国産のオリーブオイルと外国産のオリーブオイルについて調べてみました。世界基準と日本基準でも違いが。

国産のオリーブオイルと外国産のオリーブオイルでは、何が違うのでしょう。オリーブオイルサプリの原料は国産、外国産、どちらが上質なのでしょうか。国産のオリーブオイルと外国産のオリーブオイルについて調べてみました。世界基準と日本基準でも違いが。

オリーブオイルの種類と品質基準

我が家のオリーブオイルはボスコのオリーブオイルです。1本は常備していますが、なかなか消費しませんね。よくサラダのドレッシングに使います。オリーブオイルの事を詳しく知ったのは最近で、知れば知るほど面白いのがオリーブオイルです。ちなみにオリーブオイルを使った料理では、ペペロンチーノが大好きです。

オリーブオイルに関して調べたことをまとめてみました。細かいところは言及していませんが、知識として最低限知っておけば日常生活でのオリーブオイル選びには参考になるかもしれません。国際オリーブオイル協会IOOCでは、

【バージンオリーブオイル】
エキストラバージンオリーブオイル
バージンオリーブオイル
オーディナリーバージンオリーブオイル
ランパンテバージンオリーブオイル

【精製オリーブオイル】
精製オリーブオイル
精製オリーブポマースオイル

【オリーブオイル】
オリーブオイル
オリーブポマースオイル

このように分けられます。厳密には酸度(遊離脂肪酸の割合)によって分けられます。0.8%を超えないものだけが、こエキストラバージンオリーブオイルになります。

日本に輸入されているのは、「エキストラバージンオリーブオイル」「オリーブオイル」「オリーブポマースオイル」だけです。また日本のオリーブオイルの基準は「エキストラバージンオリーブオイル」「オリーブオイル」「ピュアオリーブオイル」です。オリーブオイルは世界的にも「まがい物」が流通していますので、スーパーなどでオリーブオイル選びに迷わないよう、チェックポイントを挙げておきます。

・遮光瓶に詰められている
・エキストラバージンオリーブオイルと記してある
・オーガニック認証マークがある
・適正価格(安すぎないこと)
・オーストラリア産またはチリ産を選ぶ

日本でも世界基準でも、エキストラバージンオリーブオイルは最上位品質です。価格も張りますよ。オリーブオイルのラベルにオーガニック認証マークがあると良いですね。オリーブオイルの価格は高いです。高くて当たり前です。安すぎるオリーブオイルには要注意です。いちいち細かく見るのが面倒な時は、最悪、オーストラリア産かチリ産を選びましょう。両国は品質基準が厳しく、特にオーストラリアは世界一基準が厳しい国です。

国産のオリーブオイルで人気の商品

国産のオリーブオイルと言えば香川県の小豆島。非常に有名です。世界に通用するオリーブオイルを作って販売しています。その中でもおすすめはコチラ。

1st ORIGIN エキストラ バージンオリーブオイル

「かがわオリーブオイル品質表示制度」でプレミアムに認定され小豆島産オリーブオイルのみを使ったオリーブオイル「1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル小豆島産」が最高です。黒い瓶の下の方に白文字で小豆島産100%と書かれている渋いデザインが印象的です。売り切れてる場合が多いので入手困難な逸品ですが、販売ページは常にチェックしてみてください。次の販売情報が出ています。

あまりにもフレッシュでフルーティな香りのオリーブオイルなので、サラダのドレッシングはもちろんのこと、焼いていない食パンにつけてもOKなんです。調理油としても使えますが、原則としてエキストラバージンオリーブオイルは熱を通さずに食す方が向いています。類似品に注意して欲しいので、「株式会社オリーブ園」のオリーブオイルかどうか確かめて購入してください。オリーブオイルだけでなく化粧品や加工品も取り扱っています。

なぜ、小豆島がオリーブオイルで有名なのかは、既に知られていることですが、日本で初めてオリーブを栽培した土地だからです。100年近い歴史があります。小豆島オリーブ園は香川県有数の観光名所にもなっており、ペット同伴のレストランもリニューアルされてます。レストラン内のオリーブ体験スペースでは、世界でひとつだけのオリーブオイルを作ることができます。自分の感性でオリーブオイルを作ってみるのも楽しそうですよね。味は・・・自分がブレンドしたものなら美味しく感じることでしょう(笑)

もし小豆島オリーブ園に行った際は、樹齢100年にもなるオリーブの木があります。現在でも実を付けるそうですから、その元気のパワーを貰ってはどうでしょう。パワースポットではありませんが、そんな高齢の原木、何も無いわけがありません。スタッフさんに話を聞くだけでもご利益がありそうですね。

スペイン産オリーブで作られたエキストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルのサプリである、オリーブジュースカプセルを製造販売している「すこやか工房」は、オリーブオイルも手がけています。スペイン産のオリーブを使ったエキストラバージンオリーブオイルです。エフサ(食品の安全性等を評価するEUの専門機関)の基準をクリアしたポリフェノールの量が含まれています。エフサの健康機能性表示は、科学的根拠が明らかなものでなければ表示が認められませんので、いわゆる日本で言うところのトクホと思ってもらえば良いです。もちろんオレイン酸も豊富に入ってます。

エフサのオリーブオイル認定基準としては、オリーブオイル100gにオリーブポリフェノール25mg以上です。オリーブポリフェノールはヒドロキシチロソールと言われますが、美容業界でも注目されている成分です。

ちなみにスペインはオリーブオイルの生産量で世界一ですから、オリーブおオリーブオイルに関しては相当に厳しい目を持っています。特に南部のアンダルシア地方で8割が生産されているので、そこのオリーブを使ったオリーブオイルは、ほぼ間違いないものであると考えて良いでしょう。スペインにはオリーブオイルの権威と言われる研究者が存在していて、すこやか工房のオリーブオイルソムリエと共同開発したのが「オリーブハート」です。使っているオリーブは当然、アンダルシア産です。

このオリーブハートを、どう使うかですが、サラダに直接かけてもいいですし、フレンチトーストにかけても良いです。ドレッシングや仕上げの味付けに使う方がエキストラバージンオリーブオイルは合っていますので、加熱する料理に使うと風味などが活きてこないです。加熱する料理に合うのはピュアオリーブオイルですね。これまでエキストラバージンオリーブオイルを熱いフライパンなどに入れて調理していたら、ちょっと勿体ない使い方になってますので、生食用に使っていただいて、加熱用にピュアオリーブオイルを用意するとベストです。

オリーブジュースカプセルもアンダルシア産オリーブ

オリーブオイルのサプリであるオリーブジュースカプセルに使われているエキストラバージンオリーブオイルは、スペインのアンダルシア産オリーブから抽出したものです。オレイン酸、ポリフェノール(ヒドロキシチロソール)、ビタミンEを配合している美容と健康を考えたサプリです。しかも乳酸菌が3粒あたり約100億個も入っています。なぜ3粒あたりなのかと言えば、1日3粒を目安に飲む事を想定しているからです。

オリーブポリフェノール(ヒドロキシチロソール)は美容業界でザワついている注目の成分ですが、オレイン酸は悪玉コレステロールだけを減らすので生活習慣病の予防に期待されています。ビタミンEは抗酸化作用、例えば細胞の酸化を防ぐので老化防止にもなります。オリーブジュースカプセルで、ここまで詰め込まれていると、元気になりそうです。ビタミンEが不足すると、長寿科学振興財団公式サイトによれば、神経や筋障害の症状による血行の悪化で、

・肩こり
・冷え性
・頭痛

が起こりやすくなります。サロンパスにビタミンEが配合されているのは血行を促すからなんですね。またビタミンE不足は抗酸化力が落ちるということなので、肌を紫外線から守り切れず、シミやシワができやすくなります。ビタミンEはシミやシワ、紫外線対策の化粧品には、よく配合されてますよ。

ついでに言いますと化粧品で肌からビダミンEを取り込みながら、身体の内側からもビダミンEを取れば一石二鳥の老化対策になりますね。食べ物からビタミンEを摂りたいならアーモンドが含有量ダントツに多いのでおすすめです。そのまま食べてもいいですが、吸収率を良くしたいなら、粉砕してアーモンドミルクにすると良いです。ビタミンEはアボカドと思ってましたけど、10倍ぐらい含有量が違うそうです。個人的にはアーモンドチョコにしようかなと。

話が逸れましたが、オリーブジュースカプセルもいいけど、オリーブオイルを使えばいいんじゃないのという話も出てきそうですが、オリーブオイルの魅力的な成分を欲しがっても味や香りが苦手な人もいます。そんな時はオリーブジュースカプセルです。


オレイン酸とヒドロキシチロソールで健康維持 © 2018